『挫折』なんて考える必要はない。一喜一憂せず淡々と取り組める人が、ビジネスの成功者になる。

 
こんにちは、よっしーです。
詳しいプロフィールはこちら

今回は『挫折なんて考える必要ない』ということについて解説していきたいと思います!

  

よく『挫折を経験した人は強い』と言われることがあります。個人的には、この言葉は半分正解で、半分間違いだと考えています。

     

それはなぜなのか?そしてなぜ、『挫折と考える必要はない』のか?

   

そのことについて解説していきます!

 

   

動画解説はこちら!

     

        

『挫折』とは?

 

まず、そもそも挫折とは何かというと、

  

”計画などが途中で駄目になることや、そのために意欲をなくすこと”を指す 

 (Wikipediaより引用)

 

ということです。

 

例えば、輸入ビジネスでいうと、

  

○仕入れた商品が全然売れず、大赤字になった

○法律面やプラットフォームの規約違反をしてしまった

○Amazonアカウントが停止になった

○取引先からの連絡が途絶え、仕入れができなくなった

 

上記のようなことが起こったり、落ち込んだりやる気をなくしたりすること、ですね。

 

しかし個人的には『落ち込んだりやる気をなくしたりする時間』が、本当にもったいないなぁと感じています。

 

もちろん、挫折をバネにして、その後大成功を収める人がいるのも事実です。一方で、挫折から立ち直れず、ズルズルと後退していく人がいるのも、また事実です。

 

『挫折』と考える必要はない

 

そこで私は思いました。

 

『挫折』という概念自体、必要ないのではないか?と。

 

なぜかって、自分のビジネスがうまくっいてようが、いってなかろうが、自分のやるべきことが大きく変わるわけではないからですね。

 

それに『一喜一憂せずに、目標に向けて淡々と行動していく』というのも成功する上では非常に重要な考え方だと思います。

 

また、ビジネスを進めていると失敗することもたくさんあるので『挫折』とか考え出すと何回挫折が来るか分からないです。笑

 

といっても私も以前『挫折』ということを意識してしまって、うまくいかない時期に、落ち込んだり、やる気が出なかったりした時期があったんですよね。

 

しかし今考えれば『単なる時間の無駄だったな』くらいにしか感じていません。なので、こういった形で、『挫折』についての考え方を記事にしています。

 

落ち込んでいる時間ももったいないですし、目の前の結果に一喜一憂せずに、目標に向かって”淡々と”行動できる人がビジネスで結果を残せる人ではないかと思います。

 

プロのスポーツ選手も同じ考えを持っている

 

もう何年も前の話ですが、たまたま見たテレビのスポーツ番組で、プロ野球・読売ジャイアンツの坂本選手・菅野投手と、若手選手が一緒にご飯に行っている時の映像がありました。   

 

その時、若手選手が『失敗した時の、気持ちの切り替え方はどうすればよいですか?』と坂本選手・菅野投手に質問していたのですが、こんな言葉を返していました。

 

『落ち込むとかはない。同じ失敗をしないようにどうしようかな、と考えるだけ

『一流選手は挫折とかいう発想自体がないよ

 

何年も前、偶然見た番組だったのですが、とても印象的で、深く心に残っているのを覚えています。

 

この記事を見ている人は、別に一流のスポーツ選手を目指しているわけではないと思いますが、スポーツにしろビジネスにしろ『何か目標を持って頑張る』ことに変わりはないと思います。

 

例え分野が違っても、何かを極めている人の考え方は、参考になる部分もあるかと思います。どんどん活かしていきたいところですね。

 

時間は有限ですし、その時間を最大限に活かすためにはうまくいってようが、いってなかろうが、一喜一憂せずに淡々と取り組んでいく、という考え方が非常に大切になります!

 

ぜひ意識して取り組んでいきましょう!!

  

  

理想のライフスタイルを叶えるためには?