Amazon物販ビジネスのリサーチで、ライバルにAmazon本体がいた時の対応は?

 
こんにちは、よっしーです。
詳しいプロフィールはこちら
欧米輸入転売ならあまり無いかもしれませんが、メーカー取引を進めていると、Amazon本体がライバルセラーとして出品している場合が結構たくさんあります。
   
こういった場合は、仕入れをする際に結構気を付ける必要がありますので、今回の記事で、Amazon本体がいた時の対応を学んでいただけたらと思います!
  
  
動画解説はこちら!
   

   

『Amazon本体がライバル』とは?

  

『Amazon本体がライバル』とは、扱いたい商品の出品者の中に、普通の個人や業者のみではなく『Amazon.co.jp』が含まれている状態を指します。

 

例えば、

  

 

こんな感じで、商品ページのトップ画面に表示される出品者(カートを取っている出品者)が『Amazon.co.jp』になっていたり、

  

あるいは

  

 

カートは取っていないけど、その商品を扱っているセラーの中に『Amazon.co.jp』が含まれている場合です。

 

こういった商品を、自分も出品する場合は『Amazon本体がライバル』になり、仕入れ判断を慎重に行う必要があります。 

  

  

なぜ仕入れを慎重に行う必要があるのか?

  

ではなぜ、Amazon本体が出品していたら仕入れを慎重に行う必要があるのか?というと、

   

カート獲得率で、私たちのような個人はAmazon本体には勝てないからですね。Amazon上で出品するにあたって、最強の販売者は『Amazon.co.jp』だからです。

    

これは、購入者側に回ると分かりやすいかと思います。

仮に、出品者の中に『Amazon本体』に加えて、他の販売者(いわゆるサードパーティー)がたくさんいた場合、値段が同じなら、Amazon本体から購入した方が安心感がありますよね?

  

そのため、仮にAmazon本体がライバルセラーにいて、最安値付近で販売している場合はお客さんの大部分はAmazon本体から購入されると思いますし、カート獲得率もAmazon本体が大部分を占めてしまうので、自分の在庫はほとんど売れずに残ってしまいます。 

   

もし売れたとしても、自分自身が価格をかなり下げて、Amazon本体が利益を取れない価格帯(Amazonが価格の追従をしてこない価格帯)まで下げて、やっと売り捌ける、という場合がほとんどです。

    

   

そして、我々のような個人が、巨大企業のAmazonさんに仕入れ価格の安さで勝てることはそうそうないので(全くないことは無いかもしれませんが)必然的に、我々は赤字で売り捌くことになってしまいます。

 

事実、私もAmazon本体が出品している商品を仕入れてしまって、赤字で捌いた経験があります。

 

 

しかし、『仕入れOK』なパターンもある

 

とはいえ、Amazon本体が出品していたら絶対に仕入れができない、というわけではありません。

 

中には、参入の余地がある場合もあります。

  

①Amazon本体が在庫切れを起こしている場合

②Amazon本体の価格設定がおかしくなっている場合

  

  

Amazon本体が在庫切れを起こしている

Amazon本体でも、商品の在庫切れが起こることは全然あります。

   

つまり、もし仮に現在はAmazonにカートを取られていても、需要が想像以上に増加したり、仕入れ元が在庫切れになったりするとAmazon本体も在庫切れになることは結構あります。

 

 

Amazo本体の価格設定がおかしくなっている場合

Amazon本体の価格設定がおかしくなったり、あるいは全然価格の追従をしていないことも結構あるんですね。

 

こう言った場合は、Amazon本体よりも安値で販売して、利益が取れそうであれば十分カートを獲得できて、商品を売ることもできると思います。

 

 

 

参入可能かどうかの見分け方

 

では、Amazon本体が出品していた時に、どうやって参入の可否を判断すればよいか?というと、これは、Keepaを利用すればある程度は予測可能です。

 

 

関連記事

  こんにちは、よっしーです。詳しいプロフィールはこちら 今回は、Keepaのインストール方法と使い方について解説していきます。   以前、「モノレート」という無料で商品の売れ行きを確認できるツールがあったの[…]

  

 

まず、Keepaの上の方の『Data』タブをクリックします。

 

 

 

次に、その真下の『Buy Box Statistics』をクリックします。

 

  

  

すると、以下のような画面に変わるかと思います。

 

 

上図の赤枠で囲っている部分が、各セラーのカート獲得率を示しています。

  

ここで、Amazon本体のカート獲得率が低く、他のセラーもある程度カートを獲得できているようであれば、上記で示したようなAmazon本体の在庫切れor価格設定のバグ等が度々起きている可能性がありますので、ある程度参入の余地があると判断していいと思います。

 

基準は人それぞれと思いますが、私の場合、Amazon本体のカート獲得率が60%以下であれば参入の余地あり、と考えています。

  

しかし、Amazon本体のカート獲得率が70%、80%、90%とかになっているようであれば参入は控えた方がいいですね。

 

   

参入する場合も、在庫は必ず少なめに持っておこう!

  

上記で示したように、Amazon本体のカート獲得率が60%以下であれば参入を考えてもいいと思いますが、必ず在庫は少なめに持っておくようにしましょう!

 

 

というのも、Keepaで示されたカート獲得率のデータはあくまでも過去のものであり、今後はAmazonが在庫切れや価格設定を修正してくる可能性もあるからですね。

   

そうなると、全くカートを取れずに、赤字で捌かないといけない可能性も出てくるからです。

  

とにかく、Amazon本体がライバルの場合はかなり気を付けた方がいいことに変わりはありませんので、在庫は必ず少なめに持っておくようにしましょう!

  

 

まとめ

 

以上をまとめると

『Amazon本体のカート獲得率が60%未満であれば参入を考えてもいい。しかし、必ず在庫は少なめに持っておく』ということになります。

 

繰り返しになりますが、Amazonで出品する上ではAmazon本体が最強のセラーですので、もしAmazon本体と同じ商品を取り扱う場合は注意して仕入れるようにしていきましょう!

 

 

理想のライフスタイルを叶えるためには?