輸入ビジネス開始当初は、どんな分野の商品をリサーチしていけばよいか?個人的な考えをまとめてみた。

 
こんにちは、よっしーです。
詳しいプロフィールはこちら

輸入ビジネスを始めたばかりの頃に、皆さん一度はこんな疑問を抱えたことがあるでしょう。

  

『どんなジャンルの商品を見ていけばいいんだろう?』

  

僕も最初はすごく気になっていました。闇雲に見ていっても、ちゃんと利益の取れる商品が見つかるかどうか、不安ですよね。

  

そこで今回は、どんなジャンルを攻めていけばいいのか?どんなジャンルが稼ぎやすいのか?について解説をしていきます!

 

  

動画解説はこちら!

 

 

どんなジャンルの商品を見ていけばよいか?

 

では早速結論から述べます。  

正解は『ジャンルを絞らないこと』です!

  

  

何やねん!って思われた方、いると思います。笑

  

でも本当にこれが一番いいんです。

  

なぜなら『何やこれ?誰が買うんや?』って感じの商品が、意外と売れていることが多いからです。Amazonではよくある話です。  

  

例えば、

 

 

この商品とかですね。

  

欧米輸入を始めたばかりの方や、未経験の方からすると『何やこれ!売れるわけないやん!!』と思われたかもしれません。笑

  

しかし、Keepa&キーゾンという需要把握ツールで、売れ行きのデータを確認してみると

  

    

一応、キーゾンの値は月間で平均68個販売になっていますが、グラフを見る限り実際は毎月200個くらい売れていると思われます。

  

Keepaとキーゾンって何?という方は以下をご覧ください。

  

関連記事

  こんにちは、よっしーです。詳しいプロフィールはこちら 今回は、Keepaのインストール方法と使い方について解説していきます。   以前、「モノレート」という無料で商品の売れ行きを確認できるツールがあったの[…]

   

関連記事

  こんにちは、よっしーです。詳しいプロフィールはこちら Google Chromeの拡張機能『キーゾン』をご存知でしょうか?       Keepaを導入されている方は、この『キーゾン』もセットで使用することで、より需要把握をカ[…]

  

  

上記のような、『こんなの誰が買うんだろう。。』って感じでもたくさん売れている商品は、Amazon上に無数に存在します。

  

  

有名ブランドは出品制限がかかっていて売れない事が多い

   

逆に、有名ブランドの商品は、出品制限がかかって売れないことの方が多いです。

  

例えば、

おもちゃのレゴディズニー、靴のバンズコンバースナイキ、、などですね。

   

これらの有名ブランドは、偽物が出回るのを防ぐため、

  

許可された販売者のみしかAmazonに出品できないような仕組みになっています。

  

特にアカウントを開設したばかりの新規出品者には、この出品制限が強くかかっているため、有名ブランドの商品はほとんど売れないですね。

  

もちろん許可を取れば販売できるようになりますが、これもなかなか難易度が高いです。

  

なので、最初から避けた方が無難、ということになります。

  

  

特定ジャンルだけに絞るのも、最初は辞めた方がいい

   

例えば、

自分は服が好きなので、服だけをひたすらリサーチして仕入れよう!

とか、あるいは

ゲームが好きなので、ゲームだけに特化して仕入れを行っていこう!

などですね。

  

こういった形で特定のジャンルに絞るのは、ある程度経験のある方なら戦略としてアリだと思いますが、最初のうちはおススメしません。

  

なぜなら、最初は幅広い商品を扱って、いろんな商品知識を貯めていった方が、長い目で見て稼げるようになるからです。

  

なので、最初はいろんなジャンルを見ていくようにしましょう。

  

  

法律面で引っかかりがちな商品は最初から避けよう

  

いくら『ジャンルは絞らないで行こう』とはいえ、逆に最初から避けた方がいいジャンルも存在します。

  

それが何かというと、 法律に引っかかる商品ですね。

 

例えば、

 

○食品&食器

○ワイヤレス通信機器

○医薬品

○電源コンセントに繋ぐ家電

  

などがあります。

   

その他にもいろいろあるのですが、これらのジャンルは輸入する際に法規制に引っかかるため、最初から対象外にしておいた方がいいです。

  

中には認証を取得すれば販売できるものもあるのですが、時間も手間もかかるため、最初のうちは扱わないことをおススメします。

   

関連記事

  こんにちは、よっしーです。詳しいプロフィールはこちら 輸入ビジネスをやっていると、必ずと言っていいほど法律が関わってきます。   「法律とか難しそう…」「ちゃんと覚えられるか不安…」 「間違えて法に[…]

   

   

先入観を捨てて、いろんな商品を見ていこう!

  

以上が『最初はどんなジャンルで攻めていけばいいのか?』についての解説でした。

  

まとめると

   

①ジャンルは絞らない

②『こんなの誰が買うんだろう。。』みたいな商品が一番利益を取りやすい

③有名ブランド&法に引っかかる商品は避けた方がいい

 

という感じですね。

  

繰り返しになりますが、幅広い商品を見ていって、いろんな商品知識を貯めていった方が、後々かなり役立ちます。

  

僕も、いろんな分野の商品を扱うことで、商品知識の幅もかなり広がりましたし、その後に直接取引・海外メーカー取引へと進んでいくにあたっても、非常に役立っています。

   

逆に、

『こんなん誰が買うんや!リサーチしても意味ないやろ!』

『自分は服に詳しいから、服だけに絞ってみていくのが一番効率いい!』

  

みたいな感じで先入観を持ったままだと、自分で自分の首を絞めてしまうことになりかねません。

  

なので、最初から特定ジャンルに絞り過ぎず、幅広い商品を見ていくようにしましょう!

  

  

また、その他にも輸入ビジネス初心者が注意すべきポイントが色々とあります。以下の記事で解説しているので、併せてご覧ください。

  

関連記事

  こんにちは、よっしーです。詳しいプロフィールはこちら 今回は、輸入ビジネスで初心者が注意すべきポイントについて解説していきます!     初心者の方のみならず、経験者になった後も共通する考え方になっていま[…]

  

  

ということで、

ジャンルは絞らず、先入観を持たず、いろんな商品を見ていった方が良い!ということはご理解いただけたかと思うのですが、

  

とはいえ『本当に最初の最初はどんな商品見ていけばいいか分からないよ!!!』と思う方もいるでしょう。

  

たしかにそうなりますよね。無数にある商品から、闇雲に商品リサーチを行っても効率が悪いですので。

   

  

では、『本当に最初の最初は』

どんな商品を、どうやって探していくといいのか?

  

これに関しては、僕の運営する無料オンラインコミュニティ『アンビシャス(Ambitious)』内で紹介していまして、

コミュニティ内で『これから輸入ビジネスを始めて、月収30万円に至るまでのロードマップ』教材を配布しているのですが、その中に書いています。

     

興味のある方は、ぜひご参加いただけたらと思います。

    

また、今なら欧米輸入の大ボリューム教材『ブレイクスルー』も無料でプレゼントしていますので、以下のフォームよりお気軽にご参加ください!

  

  

理想のライフスタイルを叶えるためには?