XDEALER PROが使えない!?各国Amazonの価格比較を行う方法はあるのか?

 
こんにちは、よっしーです。
詳しいプロフィールはこちら

先日、僕のもとにこんなメールが届きました。

  

   

何事かと思って調べてみたところ、

   

どうやらXDEALER PROの現バージョンのサポートが終了して、新しいバージョンに変更されるみたいです。

  

その結果、各商品ページ上での各国Amazonの価格比較表が表示されなくなってしまいましたね。。

   

お困りの方も多いと思いますし、サポート終了した日には以下の記事のアクセス数が急激に増えていました。

  

関連記事

  こんにちは、よっしーです。詳しいプロフィールはこちら     Google Chromeの拡張機能である『XDEALER.PRO』 をご存知でしょうか?     この拡張機能をインストールしておくと、各[…]

  

  

アクセス数はこんな感じですね。

  

  

おそらく急に各国Amazonの価格比較ができなくなり、困惑してアクセスされたのでしょう。

  

ただしXDEALER PROも完全にサポート終了したわけではないみたいで、新しいバージョンにアップデートされるみたいです。

  

なので、今後も使えるかな?と思っていろいろ調べてみましたので、

   

今回は

  

〇XDEALER PROの新バージョンは、今までの機能がそのまま使えるのか?

〇ほかに代用できる手法・ツールは無いか?

  

について解説していきます!

 

XDEALER PROって何?

  

おそらくこの記事をご覧になっている方は、XDEALER PROが何なのかはご存知だと思いますが、

  

一応さらっとご説明しますと

各国Amazonの価格比較が、商品ページ上で簡単にできる拡張機能です。

  

リサーチの効率アップに繋がる非常に便利なツールで、僕もよく転売や直接取引を行う際は使っていました。

   

  

  

画像内の赤枠のような画面が表示されるようになり、

 

この画面で各国Amazonの価格比較ができるので便利なのですが、今回このような画面が表示されなくなってしまったみたいです。

  

今までこの拡張機能に頼ってきた方は、多少なりとも痛手にはなったのではないかと思います。

  

  

新バージョンは使えるのか?

  

ということで、今後も各国Amazonの価格比較を効率よく行いたい方は、どうすればいいのか考察してみました。

  

まず、新バージョンのxDEALER.proは、

  

  

こちらですね。こちらの拡張機能をインストールして、早速xDEALER.proのページに入ってみました。

  

  

画面左側に

『HOME』『PLANS』『FAQ』『MYPAGE』といった項目があるのですが、

  

この中の『FAQ』をクリックして下までスクロールすると、

   

  

初期設定の方法であったり、各セラーの在庫数を表示する方法に関しては分かりやすく記載されていました。

  

あとは、各セラーのASINを抽出したりもできるみたいです。

  

  

ただし『各国Amazonの価格比較』がどうしてもできませんでした。

  

一応『MYPAGE』タブの一番下まで行くと、

  

  

それらしき画面が表示されましたが、赤枠の中にもあるように『最大3つまで』しか価格の取得ができないみたいです。

  

そして、その取得方法も分からず、、笑

  

どうやら、現段階ではxDEALER.proを使って『全世界のAmazonの価格比較を行う』ことはできないみたいです。

もちろん、今後さらなるバージョンアップで出来るようになる可能性はあります)

  

 

Keepaでも各国Amazonの価格比較はできる!

 

  

ということは『もう各国Amazonの価格比較は出来ないんじゃないか。。』『1つ1つ手動で確かめるしかないのかな??』と思ったそこのアナタ!

  

実はXDEALER PRO以外にも方法はあります。

  

それがKeepaを用いた方法です。

  

関連記事

  こんにちは、よっしーです。詳しいプロフィールはこちら 今回は、Keepaのインストール方法と使い方について解説していきます。   以前、「モノレート」という無料で商品の売れ行きを確認できるツールがあったの[…]

   

   

まず、商品ページ上に表示されるKeepaのグラフ画面の『商品のトラッキング』をクリックします。

  

   

次に、右側の『複数のロケールでトラッキングする』という文字の下側の

地球型のアイコンをクリックします。

  

  

そうすると、以下のような画面が出てきます。

 

  

本来は価格比較のためのページではなく、価格のトラッキング(追跡)機能を設定するためのページですが、

  

一応、このページでも各国Amazonの価格比較を行うことができます。

  

  

ちなみに、画面中の価格は

   

オレンジ色:Amazon本体の価格

青色:サードパーティ(Amazon本体以外)の新品価格

黒色:中古品の価格

  

となります。

   

  

このページから1クリックで各国Amazonのページに飛んだりすることはできませんが、ひと目で分かるのでとても便利ですよね。

  

  

ちなみに、価格が表示されるのは日本と海外でASINが一致している場合のみで、ASINが一致していない場合は表示されません。

  

つまり、もし価格が表示されなかったとしても、その国のAmazonに商品が無いわけではなく、単にASINが一致していないだけの可能性もありますので、そこはご注意ください。

  

  

在庫数やASIN抽出なども、Keepaの方が性能はいい

上記で新バージョンのxDEALER.proは、『在庫数の確認』『ASINの抽出』はできるとお伝えしましたが、

  

これらの機能はKeepaでもできますし、何ならKeepaの方が性能は上です。

  

なので現状では、xDEALER.proを使用する場面はないかな、というのが個人的な感想ですね。

  

もちろん、今後はアップデートされて高機能になる可能性も否定できないので、そうなったらまたこちらの記事を更新します!

 

 

ツールに頼りすぎるのは良くない!

  

ということで以上が、XDEALER PROの各国Amazon価格比較ができなくなった件について、代用方法などをまとめてきました。

  

今回は代用方法としてKeepaをご紹介しましたが、次はKeepaがバージョン変更などで使えなくなる可能性だって、完全には否定できません。

  

1年半ほど前にはモノレートが閉鎖になったりしましたし、ツールや拡張機能など、ビジネスを取り巻く環境は日々刻々と変化していきます。

   

そんな時にピンチと捉えるか、チャンスと捉えるかはあなた次第です。

 

  

もちろん、ツールは便利なので使えるものはどんどん使った方がいいと思いますが、

  

普段からツールに頼り過ぎずにリサーチする術を身につけておけば、いざツールが使えなくなった時に、周囲のライバルが減って一気にチャンスが広がります。

  

そういったことも意識して、ビジネスを進めていきましょう!

  

  

僕自身、こういったツールも駆使してはいますが、ツールに頼らずリサーチする方法も色々と身につけることで、

 

Amazon欧米輸入ビジネスで月収40万円ほど稼ぎ、脱サラすることもできました。

  

そんな僕の欧米輸入ノウハウに関しては、僕の運営する無料オンラインコミュニティ『アンビシャス(Ambitious)』にギュギューっと凝縮していますので、興味のある方はぜひご参加ください。

   

コミュニティ内限定のメルマガもあり、今回のようなツールの変化など、最新情報を随時配信しています。参加自体は無料ですし、損はしないと思いますので。

  

今なら欧米輸入の大ボリューム教材『ブレイクスルー』も無料でプレゼントしていますので、以下のフォームよりお気軽にご参加いただけたらと思います!

 

 

理想のライフスタイルを叶えるためには?