『ハッピー転送』とは?アメリカ⇒日本への転送&FBA納品代行を1本化!

 
こんにちは、よっしーです。
詳しいプロフィールはこちら

輸入ビジネスを実践されている方は『ハッピー転送』という名前を1度は耳にしたことがあると思います。

    

MyUSさんと並ぶ有名な転送会社さんであり、FBA納品代行もセットで行ってくれる業者さんになります。また、MyUSとは異なり日本人のスタッフが対応してくれるため、まだ輸入ビジネスを始めたばかりの頃はとっても心強い味方ですね。 

     

そんなハッピー転送さんですが、僕も以前お世話になっていたので、その時の実体験も踏まえてご紹介していきます!

  

  

関連記事

  こんにちは、よっしーです。詳しいプロフィールはこちら 海外から商品を仕入れる際、日本に直送できるものとできないものがあります。      例えばアメリカのAmazonから商品を購入しようと思っていても、配送はアメ[…]

 

関連記事

  こんにちは、よっしーです。詳しいプロフィールはこちら 輸入ビジネスに欠かせないものとなってくるのが、FBA納品代行業者ですね。   Amazon物販全体に言えることですが、もしFBA納品代行業者がいないと[…]

       

       

動画解説はこちら!

   

   

ハッピー転送とは? 

     

『ハッピー転送』さんは、

アメリカからの転送や、FBA納品を含む国内発送代行サービスを提供してくれる業者さんになります。

    

『株式会社エイティファイブ』という会社が運営しており、日本の倉庫は神奈川県藤沢市、アメリカの倉庫はオレゴン州にあります。

   

   

    

転送会社として一番有名なMyUSさんとは異なり、

    

●アメリカ⇒日本への転送と納品代行をセットで行ってくれる

●日本人のスタッフが日本語で対応してくれる

●州税がかからない(MyUSは8%)

●物量に対して1kgあたり送料が同じ(物量が少なくても送料が安い)

         

というメリットがあります。

特に『日本語対応あり』の点は輸入ビジネス未経験者の方にとっては嬉しいメリットですね。

     

     

アメリカ⇒日本への転送&納品代行をセットで行ってくれる

MyUSはアメリカから諸外国への荷物の転送が主なサービス内容ですが、ハッピー転送はそれに加えてFBA納品代行もセットで行ってくれます。

   

つまり、MyUSを利用して、FBAへの納品も外注したいと思った場合は、別のFBA納品代行業者を利用しないといけませんし、2つの会社に別々に指示を出したりするため、それだけ管理の手間も増えます。

  

しかし、ハッピー転送ならその必要がないんですね。転送と納品代行、まとめて行ってくれますし、商品の管理もハッピー転送の管理画面1つで確認できます。

   

    

日本人のスタッフが日本語で対応してくれる

MyUSはアメリカの会社なので、当然全て英語です(Googleの翻訳機能を使えば問題はないのですが)。

   

しかしハッピー転送は日本の会社が運営しており、アメリカの倉庫にも日本人のスタッフが駐在しているため、全て日本語でやり取りができます。

   

   

例え翻訳機能で日本語に変換できるとはいえ、やはり日本人のスタッフと日本語でやり取りした方が安心感はありますよね。

  

また、商品の検品などはハッピー転送の方が細かく見てくれている印象があります。

    

  

州税がかからない

日本の消費税のように(2021年6月現在は10%)、アメリカでも商品を購入した時に一定の税率がかけられるのですが、日本のように全国統一ではなく、地域によって異なります。

  

MyUSのあるフロリダ州では、大体7%前後の税率が課せられているのに対して、ハッピー転送のあるオレゴン州では無税となっているんですね。

  

つまり、MyUSで転送する場合は、商品代金にプラスで7%の税金を掛けられ、さらにそこから国際送料や関税・消費税とかかってくることになります。ハッピー転送にはそのような税金がかかってこないのも大きなメリットですね。

  

   

物量に対して送料が変わらない

MyUSは、1回に送る物量が多ければ多いほど1kg当たりの送料が多くなっていくことに対して、ハッピー転送は物量に関わらず1kg当たりの送料が一定です。

   

なので、送料が毎回明確で分かりやすいですし、まだ始めたばかりで物量が少ない時なら、他社と比較してもかなりの低価格で転送できます。

      

さらに、MyUSではある程度の物量が貯まってから転送しないと送料の面で損なので、転送スパンは1週間に1回が基本になりますが、ハッピー転送ではその辺りも特に気にしなくていいんですね。好きな時に好きなだけ送っても、送料は変わりません。

    

   

送料も安い

 

ハッピー転送さんの魅力はこれだけではありません。送料も安いです。

   

ハッピー転送さんにはプランが3つありまして、『ビジネスプラス』『スタンダード』『エコノミー』の3種類があり、

   

ビジネスプラス:月会費15300円、国際送料494円/kg

スタンダード:月会費5100円、国際送料594円/kg

エコノミー:月会費2020円、国際送料694円/kg

  

となっています。

  

    

自らの転送量によってプランを分けていけばいいと思いますが、いずれにしてもMyUSさんより安いと思われます。MyUSさんの場合だと、荷物の量が少なければ1kgあたり1000円を超えますし、月に100㎏以上転送したとしても、だいたい700~800円くらいはかかります。

   

なぜ、ハッピー転送はこれほどまでに送料が安いのかというと、他のお客様の荷物と相乗りで商品を発送しているからです。

   

通常、MyUSなど他の転送会社であれば、自分の商品はまとめて1つのダンボールに入れられ、他のお客様の荷物とはハッキリと区別がつくように分けられているんですね。

   

しかしハッピー転送は、他のお客さんの商品とまとめて同じダンボールに入れ、発送しているのです。

   

そうやって『相乗り』で転送されるため、送るパッケージの量が減り、低価格が実現した、ということですね。

   

ちなみに、他のお客様の商品と混ざることによって、起こりそうなトラブル(他人の商品を自分の在庫としてFBAに納品された、など)は1回も起こったことはありません。

    

その辺りの検品体制はしっかりされているな、という印象があります。

    

これから輸入ビジネスを始める方で『ハッピー転送の利用を検討しているけど、どのプランがいいのか分からない!』という方はスタンダードにされることをおススメします。

    

『え?エコノミーじゃないの?』と思われた方もいるかもしれません。しかし転送量が月に30㎏なんてあっという間に超えます(資金量にもよりますが)。

   

また、最初から1ランク上のプランにすることで『もっと頑張らないと損だ!』という意識を持てるため、やらざるを得ない環境を作る、という意味でもアリだと考えています。  

   

   

ハッピー転送のデメリット

    

一方で、ハッピー転送のデメリットはどんなところでしょうか?

    

以下の3つが挙げられます。

    

①【オレゴン州の倉庫で】荷受手数料がかかる

②FBA納品代行の単体利用は、料金が高め

③国際配送のプランが選べない

④送料は、実重量と体積重量の重い方から算出される

      

荷受手数料がかかる

アメリカのAmazon、ebayなどといったショッピングサイトから商品をオレゴン州の倉庫に発送し、受け取られたら『荷受手数料』というものがかかります。

    

これが、商品1点につき1ドル(約110円)かかります。低価格の商品などを扱う時は結構な重荷になるかもしれません。ちなみにMyUSでは荷受手数料は無料です。

     

    

FBA納品代行の単体利用は、料金高め

ハッピー転送では、アメリカ・オレゴン州の倉庫を介さずに、海外から日本(藤沢市)の倉庫に商品を直送して、FBA納品代行のみお願いすることもできます。

    

しかし、この場合は”国内荷受手数料”というものがかかります。商品1点につき50円です。

     

これにプラスしてFBAの商品ラベル貼り付け料が商品1点につき20~40円(プランにより異なる)ほどかかってくるため、結局商品1点につき70~90円ほど手数料がかかります。これに加えて国内(FBAまでの)配送料などもかかってくるため、FBA納品代行だけでみると料金は高いです。

     

ちなみにスピード面では、商品が藤沢市の倉庫へ到着してから1~3営業日で送ってくれるイメージです(一時期はコロナ禍で大変だったのか、1週間ほどかかっていた時もありました)

     

  

国際配送のプランが選べない

他のお客さんと相乗りで発送されるため、基本的に配送プランは選べません。

   

FedExのエコノミーで、転送依頼をかけてから大体1週間で日本へ到着です。

   

急ぎで欲しい場合はデメリットかと思います。

  

  

送料は、実重量と体積重量の重い方から算出される

これはMyUS以外の転送会社さんはだいたい同じなので、あまりデメリットではないかもしれませんが、『商品1㎏あたり○○円』の『1kg』の部分は、実重量と体積重量の重い方が適用されるようになっています。

 

MyUSだけが実重量のみの計算ですね。

  

ちなみに体積重量とは、

   

体積重量(kg)=縦(cm)×横(cm)×高さ(cm)÷5,000(㎤/kg)

で算出されます。

    

この計算式と、実際の重量の重い方の値が送料の計算に適用されます。

    

例えば、

重さ0.7kg, 縦20㎝、横23㎝、高さ10㎝の商品があった場合、

    

実重量=0.7kg

体積重量=(20×23×10)/5000=0.92kg

     

よって、体積重量の方が重いため、0.92kgが送料の計算時に適用されます。

      

こんな感じなので、少々仕入れ計算がややこしくなるかな、と思います(とはいえ、エクセルに数式などを入れて、フォーマットを作っておけば、そこまでややこしくはないです)

    

  

ハッピー転送は、どんな人におススメ?

   

以上のことを踏まえて、ハッピー転送はどんな人におススメかをまとめると、

     

①まだ輸入ビジネスを始めたばかりの人

②取り扱う商品に、ぬいぐるみなど軽くてかさばるモノが少ない人

     

まだ輸入ビジネスを始めたばかりの人

まだ始めたばかりの人は、物量も少ないと思いますし日本人のスタッフが対応してくれる安心感も強いと思うので、ハッピー転送を使うことをおススメします。

   

   

取り扱う商品に、ぬいぐるみなど軽いけどかさばるモノが多い人

上述の通り、ハッピー転送は実重量+体積重量の大きい方が送料計算に適用されるのに対して、MyUSは実重量のみで計算されます。

    

そのため、例えばぬいぐるみや毛布など、『軽いけど体積は割と大きいモノ』を多く取り扱われる方は、MyUSの方が送料が安く済みます(物量にもよりますが)

   

そういった商品がメインの方は、MyUSを利用した方がいいと思います。

  

関連記事

  こんにちは、よっしーです。詳しいプロフィールはこちら アメリカにはいろんな転送会社がありますが、その中でも最も有名なのがMyUSですね。   現在輸入ビジネスを行っていて、使われている方も多いと思います。[…]

     

   

まとめ

ということで以上が『ハッピー転送』についての解説でした。

  

僕も一時期お世話になっていた転送会社さんで、送料も安いし検品体制もしっかりとされていて、全体的にみると好印象な業者さんだと感じています。

  

もし『転送会社どこにしよう。。。』と迷っている方は、一度ハッピー転送さんの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

   

一度利用してみて、合わなかったら他を検討するでもいいですし、気に入ったらそのまま利用するでもいいと思います。

     

好みにもよると思いますので、気になる方は一度利用されてみてください!

  

 

理想のライフスタイルを叶えるためには?