転送会社とは?転送会社を使用するメリットまとめ!

 
こんにちは、よっしーです。
詳しいプロフィールはこちら

海外から商品を仕入れる際、日本に直送できるものとできないものがあります。

    

例えばアメリカのAmazonから商品を購入しようと思っていても、配送はアメリカ国内のみしか受け付けておらず、国外への配送はできません、などといった感じですね。

(中には直送できるものもあります)。

    

では直送できない商品は、仕入れることができないのか?

   

というと、そうではありません。

 

こんな時に活躍してくれるのが、転送会社と呼ばれる業者さんです。

 

そんな転送会社について、詳しく解説していきます!

 

動画解説はこちら!

  

   

転送会社とは?

 

冒頭でも少しだけ触れましたが、転送代行業者とは、海外から商品を購入する際、日本へ直送ができない商品を代わりに受け取り、日本へ転送してくれるサービスになります。

   

     

海外のショッピングサイトで買い物をする時って、基本的にその国内のみしか配送できない所がたくさんあるんですよね。

  

例えば、アメリカのAmazonで買い物をする時、

配送先はアメリカ国内しか設定できないようになっていることが多いです(たまに国外配送できることもあります)。

  

 

 

そんな商品を仕入れたいときに活躍してくれるのが、転送会社になります。

   

 

例えば、アメリカのAmazonで何か商品を購入する場合、アメリカのAmazonから、一旦アメリカの転送会社宛に荷物を送ります。

 

そして、転送会社が代わりに日本へ送ってくれる、という流れになります。これで、日本へ直送できない商品も仕入れることが可能になるわけです。

 

 

もう1つのメリット

   

実は、転送会社を使うメリットはこれだけではなく、もう1つあります。それは、送料が安くなることです。

 

 

転送会社なしの場合、商品を1回購入するたびに日本へ直送していると、それだけ国際送料も増えますが、

    

転送会社経由だと、複数種類の商品を扱っていたとしても、転送会社が全て1つにまとめてくれるので、国際送料をグッと抑えることができます。

   

また、商品を購入してから転送会社へ届くまでの送料(アメリカ国内配送)は、基本的には無料です。日本のAmazonや楽天から購入して自宅へ届ける場合も、ほとんどは送料無料ですよね。それと同じことです。

   

アメリカのAmazonから、アメリカの転送会社宛に商品を購入した場合も、ほとんどは送料無料です。さらに、アメリカのAmazonのプライム会員になっておけば、配送スピードも上げることができます。

   

(しかし、商品の物量や転送会社先によっては、日本へ直送した方が安い場合もありますので、どちらが安いか計算して送られることをおススメします)。

   
   

デメリットは?

    

転送会社のメリットとして、

    

①日本へ直送できない商品を仕入れることができる

②送料が安くなる

   

の2つを記しましたが、ではデメリットは何でしょうか?

   

   

それは、“仕入れてから日本へ届くまでに時間がかかる”ことです。

       

    

やはり、一旦転送代行会社を経由しますので、日本へ直送する場合と比べて配送のスピードが遅くなります(例えアメリカAmazonのプライム会員になっていたとしても、です)

   

Amazon欧米輸入転売はスピードも重要なので、その辺りも考慮しつつ『転送会社経由か、直送か』を選択していきましょう!

    

   

関連記事

  こんにちは、よっしーです。詳しいプロフィールはこちら 欧米輸入転売では、仕入れ時に『いかに安く仕入れるか?』というのはもちろん大切ではありますが、それよりもスピードの方が重要になってくる場合もあります。    […]

  

 

転送会社を利用した時の流れ

    

ここからは、転送会社を利用した時の流れについて解説していきます。

     

①会員登録

まず、どの転送会社にするかを決め、会員登録をします。登録が完了したら、個別に割り当てられた住所を取得できます。

    

たくさんの人が利用しているので、 基本的には『転送会社の住所+会員番号』のような形になります。

    

     

②商品を購入する

登録した転送会社の住所と同じ国にあるAmazonやeBay、

その他ネットショップから商品を購入し、宛先を①で取得した住所にします。

  

   

③転送業者の管理画面で商品を確認&発送依頼をかける

商品が転送会社側へ到着したら、

その業者の管理画面に、商品名と届いた数量が反映されます。

    

その中からどの商品を送りたいのかを選択して、発送指示をかけます。

 

 

④商品の到着を待つ

あとは、商品が届くのを待つだけです。

  

どの転送会社を利用しても、大体は同じ流れになります。

 

 

ヨーロッパ仕入れでも必要か?

  

欧米輸入転売をされる方は、最初は市場の大きなアメリカからの仕入れがメインになると思いますが、「欧米」輸入なのでヨーロッパから仕入れる場合もあるかと思います。

   

ではヨーロッパから仕入れる場合、転送会社は必要なのでしょうか?

     

  

結論からいうと、不要です

   

なぜなら、ヨーロッパから日本へ直送することによって、VAT(付加価値税)が免税となり、表示価格よりも20%引きで購入することができるからです。

     

しかし、ヨーロッパ内の転送業者宛に送ってしまうと『ヨーロッパ内で消費する』と捉えられるため、VATが免税とはならなくなってしまいます。

    

そのため、扱える商品数は限られてしまいますが、ヨーロッパから仕入れる時は日本直送にした方がいいです。

    

   

※一応『Forward2me』という転送会社なら、唯一VATを免税にすることができます。

なぜなら、イギリスの『ガーンジー島』という所にも倉庫を構えており、ガーンジー島はVATが免税となっているためです。しかし、転送料金が高すぎるため、あまりおススメはできません。私も少しだけ利用したことがあるのですが、大して利益は出せませんでした。笑

   

  

おススメの転送会社

   

そんな転送代行業者ですが、どこを使うのがいいでしょうか?

 

私の個人的な意見としては『MyUS』『ハッピー転送』の2択だと思います。実際に欧米輸入をされている方の中でも、この2つが主流となっています。

    

   

   
     

以前はMyUS一択、という感じでしたが現在はハッピー転送を利用する人もかなり増えましたね。

     

また、MyUSは物量が増えれば増えるほど1キロあたりの送料が安くなっていくのに対して、ハッピー転送は物量に関わらず送料が一定です。

 

そのため、最初はハッピー転送にして、慣れてきて物量が増えてきたらMyUS、という形にしていくのもアリかと思います。

 

また、ハッピー転送は日本人のスタッフが運営していたり、何かと経験の浅い方にはメリットが多いです。

 

しかし、料金体系などは業者の事情などによっても随時変わっていくかと思いますので、必ずご自身で把握されることをおススメします

   

関連記事

  こんにちは、よっしーです。詳しいプロフィールはこちら 輸入ビジネスを実践されている方は『ハッピー転送』という名前を1度は耳にしたことがあると思います。      MyUSさんと並ぶ有名な転送会社さんであり[…]

   

   

ということで、以上が転送会社の概要でした。

   

欧米輸入を行う上で欠かせないものとなってきますので、ぜひ活用してどんどん利益をあげていただけたらと思います!

  

  

理想のライフスタイルを叶えるためには?