FBA料金シミュレータとは?その使い方を解説!

 
こんにちは、よっしーです。
詳しいプロフィールはこちら
  

今回は、『FBA料金シミュレータ』の使い方について解説をしていきたいと思います!

   

FBAを利用して商品を販売する時、手数料がかかってきますが、その手数料がどのくらいで、最終的にどのくらいの金額が入金されるか?を知っておかないと、利益計算ができないですよね。

    

その手数料がどのくらいか?を知る上で、この『FBA料金シミュレータ』は一役買ってくれます。

 

 

ちなみに、セラースケットにも同じ機能が搭載されているため、セラースケットを既に導入されている方は、このツールは不要かと思いますが、もし『無料でAmazonの手数料を計算したい!』という方がいらっしゃれば、FBA料金シミュレータを使うのがいいかと思います!

  

関連記事

  こんにちは、よっしーです。詳しいプロフィールはこちら 今回は、セラースケットについて解説をしていきます!   Amazonの真贋調査対策ツールとして有名なセラースケットですが、実はそれ以外にも、いろいろと[…]

  

 

ではFBA料金シミュレータについて、今回は解説していきます!

  

 

動画解説はこちら!

 

   

FBA料金シミュレータとは

 

AmazonのFBAを利用して販売をする場合、『販売手数料』『配送代行手数料』といったものがかかってきます。

 

FBA料金シミュレータでは、実際に商品を販売する際に、設定した販売価格で『販売手数料』と『配送代行手数料』がどのくらいで、

  

『最終的に入金される金額はどのくらいか?

『利益はどのくらいか?

  

を確認することができます。

  

  

FBAで販売される方は、収支計算を行う上で欠かせないものになりますね。

  

さらに、このツールは無料で使えるのも非常にいいですね。

  

冒頭でもお話しした通り、セラースケットを導入されている方はこのツールは不要かと思いますが、もしセラースケットを使われていない方がいれば、こちらのFBA料金シミュレータを活用していきましょう!

   

  

『販売手数料』と『配送代行手数料』

 

次に、『販売手数料』と『配送代行手数料』とは具体的に何なのか?どういった料金体系なのか?をカンタンに説明していきます。

 

 

販売手数料

販売した各商品に販売手数料が課せられます。

 

この手数料は、『商品の販売価格の○○%』といった形で販売価格に対して一定の割合で決められています。

 

その割合は、商品が属するカテゴリーによって異なり、8~15%程度になります。 

 

例えば、

カメラやパソコン・周辺機器は8%

おもちゃやアウトドア製品は10%

本やDVDなどは15%

といった感じです。

 

  

配送代行手数料

Amazonが配送を代行してくれる際にかかる送料や手数料のことです。

 

注文された商品のピッキング・梱包・配送・カスタマーサービス・返品の料金を含みます。

 

こちらは、販売手数料のように販売価格に対する割合で料金が決められるのではなく、商品の大きさや重量によって決まります。

  

  

例えば、最も安いものだと

『寸法35.0cm x 30.0cm x 3.3cm以内、発送重量1㎏以内、梱包重量50g以内』のモノであれば、198円です。

 

これに対して、最も大きいモノだと1点につき数千円かかるモノもありますが、大抵は300~800円以内に収まるかと思います。

   

 

 

FBA料金シミュレータの使い方

 

では、ここからは実際にFBA料金シミュレータの使い方について解説をしていきます!

 

とっても簡単です。

   

   

まず、FBA料金シミュレータのページを開きます。

  

こちらから飛んでいただいても構いませんし、Smasurfから飛んでいただいても構いません。

(Smasurfから飛ぶとASINの入力が不要になるので、早いかと思います)

  

 

関連記事

  こんにちは、よっしーです。詳しいプロフィールはこちら 今回は、Google Chromeの拡張機能と、Smasurfの使い方について解説していきたいと思います!   輸入ビジネスを行う上で、拡張機能は作業効率アップに欠かせない[…]

   

    

Smasurfから飛ぶ場合は、一番下に『FBA料金シミュレータ』というタブがありますので、こちらから飛ぶことができます。

    

    

 

そして、FBA料金シミュレータに飛んだら商品の販売価格を入力していきます。

 

今回はコチラの商品を例にしていきたいと思います。

  

  

まず、『Amazonから出荷』の列の一番上の、商品価格欄に自分が想定している販売価格を入力します。

 

その後、一番下の『計算』タブをクリックすれば完了です。

  

例えば、この商品を2400円で売る場合、

  

 

こんな感じで計算され、

一番下の『純利益』欄が、この商品をFBAで販売した時の、最終的な入金額になります。

 

  

また『商品原価』欄に、その商品の仕入れに費やした諸経費をまとめて入力して『計算』ボタンを押すと、最終的な利益がどのくらいか?が分かります。

 

例えば、仕入れ価格(国際送料や関税なども合わせて)が1400円だったとすると

   

 

一番下に純利益と、純利益率が出てきます。今回の場合は、仮に2400円で販売したとすると、商品1点につき357円の利益が出る、といった形になります。

 

 

こんな感じで、ざっくりと利益計算ができるようになりますので、特にビジネスの初期段階はぜひ活用されることをおススメします!

  

   

1つ気を付けるべき点としては、

輸入ビジネスの場合は、仕入れの際に商品代金のみならず、国際送料や関税・消費税、国内のFBAまでの送料などいろんな経費が掛かってきますので、

    

抜けが無いか等、慎重に計算していきましょう!

  

関連記事

  こんにちは、よっしーです。詳しいプロフィールはコチラ 今回は、Amazon輸入ビジネスにおける経費の計算方法について解説をしていきます!    輸入ビジネスの場合、いろんな経費がかかってきて、最初のうちは[…]

 

  

そういった意味では、こういったツールよりも

エクセルの方が、諸経費を見やすく管理できると思いますので、慣れてきたら自分でエクセルなどで収支計算した方がいいですね。

  

(最初はもちろん、このツールやセラースケットをフル活用していただいていいかと思います!)

  

  

以上が、FBA料金シミュレータの使い方についてでした。

非常に簡単に使えるツールですし、決してどんぶり勘定をしないように、収支計算を行っていきましょう!

 

 

理想のライフスタイルを叶えるためには?