海外メーカー取引のMOQや必要資金!そもそもMOQって何?

 
こんにちは、よっしーです。
詳しいプロフィールはこちら
今回は、『海外メーカー取引のMOQや必要資金』について解説をしていきます!
   
海外メーカー取引では、このMOQや必要資金に対して、ある程度のハードルがあります。
 
また、『そもそもMOQって何?』という方もいるかと思いますので、その辺りも詳しく解説していきます!
  
関連記事

  こんにちは、よっしーです。詳しいプロフィールはこちら 『海外メーカー取引』というビジネスをご存知でしょうか?     最上流のメーカーから仕入れることで、いろんなメリットがありますし、現にメーカー取引を実[…]

   

  

動画解説はこちら!

   

   

MOQとは?

   

まず、そもそもMOQとは何か?というと、Minimum Order Quantityの略で、『1回の取引で注文できる最小数量』を意味します。

     

例えば、『MOQ:100pcs』となっていたら、1回の注文で最低でも100個は購入してください、という意味になります。

       

上記のように個数で示されることもあれば、『MOQ: USD $2,000』のように、金額で示されることもあります。この場合は『最低でも2000ドル分は購入してください』という意味になります。

     

また、このMOQは初回の交渉時に相手からの返信で示されることもあれば、相手から送られてきた見積書に記載されている場合もあります。

   

    

海外メーカー取引のMOQって、どのくらい?

     

では、海外メーカー取引のMOQはどのくらいか?というと、メーカーによっても結構変わってきたりもするのですが、最も少ないところだと1個から発注できるところもあります。

  

とはいえ、このようなメーカーはあまり多くはありませんし、もし1個だけ発注する場合、その卸値は小売りサイトの値段とほとんど変わらない場合が多いです。つまり、小売りサイトから仕入れても、メーカーから仕入れても、大して仕入れ値は変わりません。

   

もし『1個からでも発注できますよ』というメーカーがあった場合も、数十個単位で購入すれば、ある程度値下げしてくれるメーカーもいたりしますので、1個から仕入れられる場所を必死に探すよりは、最初からまとまった量を購入するつもりでいた方が良いかと思います。

   

   

また、中には数百個とか、あるいはMOQが1000個以上、というメーカーも結構多いです。そういった意味では、やはり直接取引よりも全体的にハードルは高いな、と感じます。

    

関連記事

  こんにちは、よっしーです。詳しいプロフィールはこちら 今回は、直接取引のMOQや必要資金はどのくらいか?について解説をしていきます        『そもそもMOQって何?』という方もいるかと思いますので、[…]

   

   

金額ベースでのMOQだと、私の経験上は5万円程度が最小です(単価約400円×100個+送料、みたいな感じです)。こういった感じで、数万円で取引できるメーカーも時々あったりしますが、結構限られてきます。 

   

MOQの相場は、本当にメーカーによるのですが、だいたい10万~50万円あたりで考えておくといいかと思います。多いところだと100万円を超えてくるようなメーカーもあったりします。

   

    

海外メーカー取引に必要な資金は?

   

海外メーカー取引に必要な資金はどのくらいかというと、最低でも70~80万円、理想は100万円以上あった方が良いかと思います。

  

上記でお話しした通り、単価が安い商品を扱う場合は、1回の取引で数万円のところもあったりしますが、このような取引先はかなり限られてきます。

  

また、欧米輸入転売ではほとんどがクレジットカード決済ですが、海外メーカー取引の場合は銀行送金も多くなります(中にはPaypal決済できる所もありますが)。よって先にお金が出ていくため、キャッシュフローが悪くなります。

     

そのため、理想を言えば100万円(最低でも70~80万円)は欲しいところですね。100万円あれば、ある程度の取引先を抱えて、しっかりビジネスとして回していけると思います。

   

もちろん、もっと多く、200万円とか、300万円とかある方は、それだけ大きな取引ができるかと思います!資金は多いに越したことはありません。

   

   

資金が足りない場合は、融資にチャレンジしよう!

   

金が無い場合は、まずは欧米輸入転売を継続して、そこで出た利益を事業用の資金に回す、という手もありますが、ある程度の実績がある方は、融資にぜひチャレンジしてみましょう!

   

別の記事でも解説していますが、個人的に融資はどんどん借りていった方がいい、と考えています。融資を受け、自己資金を増やすことによって、事業の幅は大きく広がります(私も会社員時代に融資を受け、事業の幅が格段に広がりました

    

別に無借金経営が悪いことだとは思っていませんが、融資を受けることで、自身の可能性が格段に広がるのは言うまでもありません。

   

   

例えば、目の前に『この取引をしたら、ほぼ間違いなく利益30万円は出る!』という取引先があったとします。

  

しかし、仕入れ金額が100万円だと言われ、『資金が足りない。。。』という理由で取引ができなかったら、めちゃくちゃもったいないですよね?

      

   

『借金=悪いこと』という日本人特有の先入観を持ったままだと、目の前のチャンスを逃してしまいかねないですし、『金利がもったいない』という考えの方もいらっしゃいますが、消費者金融とかでない限り、金利はたかが知れています。

  

融資を受けて事業を拡大出来たら、金利分の利益はあっという間に出せると思いますし、その数十倍~数百倍になっても全然不思議ではないと思います。

    

  

また、物販ビジネスは、融資が受けやすいというのもよく言われますが、これは事実だと思います。

  

なぜなら、物販は『仕入れて売る』という非常にシンプルなビジネスモデルで、融資担当者の方も理解しやすいからですね。そして、アフィリエイトなどとは異なり、物販は資金力である程度実績が決まってきます。

  

その辺りも融資担当者の方はしっかりと分かっていますし、メーカー取引はいわば商社が行っていることと大して変わらないので、比較的受けやすいのは間違いありません。

  

全く実績が無い方には厳しいかもしれませんが、ある程度の実績がある方は、ぜひ融資を受けられることをおススメします!

 

  

ということで、『海外メーカー取引のMOQと必要な資金』についての解説でした。

   

欧米輸入転売などと比較して、ある程度の資金は必要にはなってきますので、資金が足りない方は、まずは『海外セラーとの直接取引』にチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

 

比較的小資金で始められますし、メーカー取引と基本的に同じ流れなので、交渉の流れを覚えるための『プレ・メーカー取引』みたいな位置づけでチャレンジしてみるのもアリですね。

   

関連記事

  こんにちは、よっしーです。詳しいプロフィールはこちら 今回は、『海外セラーとの直接取引って何?』というお話をしていきたいと思います。   欧米輸入転売(小売り仕入れ)に慣れてきたら、次に取り組んでみてほしいのがこの『海外セラー[…]

    

  

あるいは、転売orセラーとの直接取引である程度の実績を出して、融資を受ける、という流れもスピーディーに資金調達ができると思います。非常に魅力のあるビジネスモデルですので、欧米輸入転売で月収10~20万円程度稼げており、資金がある方はぜひチャレンジしていただけたらと思います!

    

  

理想のライフスタイルを叶えるためには?