直接取引のMOQや必要資金はどのくらいか?資金が足りないならどうすべき?

 
こんにちは、よっしーです。
詳しいプロフィールはこちら

今回は、直接取引のMOQや必要資金はどのくらいか?について解説をしていきます  

    

『そもそもMOQって何?』という方もいるかと思いますので、その辺りも詳しく解説していきたいと思います!

   

関連記事

  こんにちは、よっしーです。詳しいプロフィールはこちら 今回は、『海外セラーとの直接取引って何?』というお話をしていきたいと思います。   欧米輸入転売(小売り仕入れ)に慣れてきたら、次に取り組んでみてほしいのがこの『海外セラー[…]

   

  

動画解説はこちら!

   

MOQとは?

  

OQとは、Minimum Order Quantityの略で、『注文できる最小数量』を意味します。

  

例えば、『MOQ:50 pcs』となっていたら、1回の注文で最低でも50個は購入してください、という意味になります。

    

  

上記のように個数で示されることもあれば、『MOQ: USD $2,000』のように、金額で示されることもあります。『最低でも2000ドル以上分は購入してください』という意味ですね。

   

また、このMOQは初回の交渉時に相手からの返信で示されることもあれば、相手から送られてきた見積書に記載されている場合もあります。

  

  

直接取引のMOQはどのくらいか?

  

では直接取引におけるMOQはどのくらいかというと、相手によってバラバラですし、MOQが無い、というパターンも結構あります。つまり、1個からでもOKということですね。

 

中には数十個単位になる場合もありますが、100個を超えるところはあまり多くはありません。大手の卸売業者であれば、数百個単位で設定しているところもあります。

  

しかし、海外メーカー取引と比較すると、全体的に緩いですね

 

特に、取引先の相手が、まだ初心者に近いようなセラーであれば、相手側も必死になって『売りたい!』と思っているはずですので、1個からでも全然取引してくれます。

 

 

直接取引に必要な資金はどのくらいか?

 

では、直接取引に必要な資金はどのくらいか?というと、1個からでも取引ができるので、最低取引額は数千円~数万円かなり低い(というか欧米輸入転売とほぼ変わらない)と思いますが、ビジネスとして回していくことを考えると、最低50万円は欲しいところです。

 

もちろん、資金はたくさんあるに越したことは無いため、もっとあるならよりGoodです。

 

100万円程度あれば、結構な数の取引先を持つこともできると思います。特に、1回の取引で大きな利益を出すためには、それだけ取引額も大きくする必要があります。

    

それに、なるべく多く仕入れた方が、値下げに応じてくれやすいですし、商品1個当たりの送料も下げることができます。そういった意味でも、できるだけ資金は多く持っておきましょう。

  

   

融資も視野に入れよう!

 

資金が足りなければ、何かしらの手段で増やしていくのもいいと思いますが、一番手っ取り早いのは融資だと思います。

  

融資を受けずに自力で稼ぐ方もいらっしゃるみたいですが、個人的に融資はどんどん借りていった方がいい、と考えています。融資を受け、自己資金を増やすことによって、事業の幅は大きく広がります。私も会社員時代に融資を1つ受けたのですが、自己資金が一気に3倍以上に膨れ上がり、それに比例するかのように実績も上がりました。

 

   

例えば、目の前に『この取引をしたら、ほぼ間違いなく利益30万円は出る!』という取引先があったとします。しかし、仕入れ金額が100万円だと言われ、『資金が足りない。。。』という理由で取引ができなかったら、めちゃくちゃもったいないですよね?

 

『借金=悪いこと』という日本人特有の先入観を持ったままだと、目の前のチャンスを逃してしまいかねないですし、『金利がもったいない』という考えの方もいらっしゃいますが、消費者金融とかでない限り、金利はたかが知れています。融資を受けて事業を拡大出来たら、金利分の利益はあっという間に出せると思いますし、その数十倍~数百倍になっても全然不思議ではないと思います。

 

  

また、物販ビジネスは、融資が受けやすいというのもよく言われますが、これは事実だと思います。

    

なぜなら、物販は『仕入れて売る』という非常にシンプルなビジネスモデルで、融資担当者の方も理解しやすいからですね。ある程度の実績(売上で月間100万円以上)がある方であれば、融資を受けてみることをおススメします!

 

   

ということで、今回は『直接取引に必要なMOQや資金』について解説をしてきました。

 

直接取引は、そこまで大きな金額は必要ないため、『メーカー取引やりたいけど資金が足りない。。。』という方にも、直接取引はおススメですね。直接取引とメーカー取引の基本的な流れは同じなので、『将来的にメーカー取引を行うための練習』という位置づけで直接取引に取り組んでみるのもアリです。

    

   

そういった位置づけで行った場合も、いい取引先が見つかり、将来的に大きな資産になる可能性もあります。

   

  

関連記事

  こんにちは、よっしーです。詳しいプロフィールはこちら 今回は、海外メーカー取引のやり方・進め方について解説をしていきます!     [sitecard subtitle=関連記事 url=https://yossshi.com[…]

 

↑の記事はメーカー取引のやり方・進め方の解説ですが、直接取引もほぼ同じ流れです!

   

 

欧米輸入転売で扱った商品をそのまま扱えるのも、この直接取引のメリットなので、欧米輸入転売で月収10~20万円以上稼げるようになったら、ぜひチャレンジしてみましょう!

 

関連記事

  こんにちは、よっしーです。詳しいプロフィールはこちら 今回は、『海外セラーとの直接取引って何?』というお話をしていきたいと思います。   欧米輸入転売(小売り仕入れ)に慣れてきたら、次に取り組んでみてほしいのがこの『海外セラー[…]

   

  

理想のライフスタイルを叶えるためには?