海外メーカー取引をやるなら、自社ホームページを作ろう!その理由とは!?

 
こんにちは、よっしーです。
詳しいプロフィールはこちら
海外メーカー取引を行われている方は、自社HPを作成されていますでしょうか?
     
関連記事

  こんにちは、よっしーです。詳しいプロフィールはこちら 『海外メーカー取引』というビジネスをご存知でしょうか?     最上流のメーカーから仕入れることで、いろんなメリットがありますし、現にメーカー取引を実[…]

       
    

自社HPと聞くと、少し難しそうな印象を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、そこまで難しく考える必要もありませんし、海外メーカー取引を行うなら自社HPは作るべきです。

        

今回の記事では、『なぜ自社HPを作成する必要があるのか?』『どのように作っていけばよいか?』について解説していきたいと思います! 

     

     

動画解説はこちら!

     

   

なぜ自社HPは必要か?

   

まず、なぜ自社HPは必要なのか?ということですが、

    

海外メーカー取引を行っていると、初回の交渉時に『あなたの会社のホームページを見せてください』と言ってくるメーカーは結構多いからです。

   

そしてなぜメーカー側はHPの提示を要求してくるかというと、信頼できるパートナーかどうかを見るためです。

   

逆の立場になってみると分かりやすいですが、

もし自分がメーカーだとして、取引先の概要が分かるホームページがあるかないかだけでも、相手に対する印象って大きく変わると思うんですよね。相手がどんな会社(組織)なのか分からないのに取引をするのは怖いと感じると思います。

    

もちろん、全てのメーカーに対して自社HPが必要、というわけではないのですが、私の感覚だと3~4割くらいのメーカーは自社HPの提示を要求してきます。

     

(※”直接要求してきたメーカー”がこのくらいです。中には『直接要求はしないけど、私の屋号でweb検索してHPを調べていたメーカー』もたくさんいたと思います。と考えると、ホームページを取引の判断材料に使うメーカーはもっと多いかと思います)。   

    

もし提示を求められたとき、自社HPの提示ができなければ、そこで交渉は断たれてしまう場合がほとんどかと思います。つまり、もし自社HPが無ければ、2~3割(あるいはそれ以上)のメーカーに対して交渉の土俵にすら上がれない、ということになってしまうんですね。

   

これは非常にもったいないですし、やはり自社HPがあるかどうかは、取引先としての信頼感を高めるためには必須かと思います。

   

ホームページの作成自体は無料でできるので(一部オプションは有料ですが)、個人的には絶対に作った方がいいと考えています。

      

         

自社HPはどこで作ればいいの?

      

次に、自社のホームページはどこで作ればいいかというと、WiX.comがおススメです。私もここを利用しています。

     

   
        

ホームページ作成、と聞くと難しそうなイメージを持たれる方もいるかもしれませんが、こちらのサイトなら非常に簡単かつ、無料で作成できます。HTMLなどの知識は必要ありません。

       

    

基本的には無料ですが、無料版だと、一番下に『WIX.comで作成されました』といった文言がついてしまいます。それを消すためには月に1000~1500円ほどの有料版にする必要がありますが、ここは好みに合わせてやっていけばいいと思います(私は有料版にしています)

     

テンプレートも充実しているため、その中からどれか1つを利用して、あとは自分の好みに合わせて画像などを変えていけばいいと思います。

     

WIX以外にも『Jimdo』『Goope』『STUDIO』などいろんなHP作成サービスがありますので(私は使ったことがないですが)ご検討されてもいいかと思います。

      

      

    
    

      

      

あるいは、もし作るのが面倒であれば、クラウドワークスランサーズといったクラウドソーシングサービスを利用して外注するのもいいと思います!1つのサイトで大体5万円程度で作成できると思います(依頼先によってはもっと安く作れるかもしれないです)。

    

関連記事

  こんにちは、よっしーです。詳しいプロフィールはコチラ 今回は、輸入ビジネスにおススメのクラウドソーシングサイトについて解説していきます!   輸入ビジネスでも、クラウドソーシングサイトを活かせる場面はたく[…]

 

     

     

最初は自社HPのネタが少ないかも。しかしそれがモチベーションに!

     

メーカー取引を始める方は、おそらくほとんどの方が欧米輸入転売の次のステップとして実践されるのだと思います。

       

そうなると、どうしてもHPに書けるネタが少なくなりがちです。

      

がしかし、それは仕方のないことですし、逆に私の場合は、自社HPのネタをもっと増やせるように頑張ろう!とモチベーションに繋がりました。

       

        

それに、HPは簡易的なものでも大丈夫です。現に私はメーカー取引を始めた段階では欧米輸入転売(と、少しだけ直接取引)のみの経験しかなかったので、内容も薄く、簡易的なものしか作れませんでしたが、それでも取引はできています。

    

    

具体的な内容としては、

     

①会社名、団体名、屋号など
②概要(どんなビジネスをしているか、どんなものを扱っているか、など)
③理念(なぜこのビジネスをしているか)
④お問い合わせ連絡先

      

以上のものは最低限入れた方が良いと思います。あとは実際にメーカー取引を行っている方のホームページ等を参考にして、作っていけばいいかなと思います。

     

     

さいごに

以上が、海外メーカー取引における自社HPの必要性についてでした。

     

メーカー取引は信頼関係で成り立っているようなビジネスですので、信頼度を上げるための材料はなるべくたくさん持っておいた方がいいと思います。メールの返信率も上がりますし、結果として取引の成約率も上がるかと思います!

     

     

信用度を上げるためのもう1つの材料として、独自ドメインも挙げられるので、まだ独自ドメインを導入されていない方は、以下の記事を参考に、ぜひ導入されてみてください!

  

関連記事

  こんにちは、よっしーです。詳しいプロフィールはこちら 今回は、海外メーカー取引での独自ドメインの重要性について解説をしていきます!    Gmailなどのフリーメールアドレスよりも、独自ドメインの方が圧倒[…]

  

  

また、海外メーカー取引全体の進め方も、以下の記事で解説しています。併せてご覧ください。

 

関連記事

  こんにちは、よっしーです。詳しいプロフィールはこちら 今回は、海外メーカー取引のやり方・進め方について解説をしていきます!     [sitecard subtitle=関連記事 url=https://yossshi.com[…]

   

  

理想のライフスタイルを叶えるためには?