セラー&メーカーとの直取引で、仕入れのスピードよりも安さを重視すべき理由

 
こんにちは、よっしーです。
詳しいプロフィールはこちら
欧米輸入転売(単純転売)では、仕入れ~販売までのスピードも重要になってきます。
     
関連記事

  こんにちは、よっしーです。詳しいプロフィールはこちら 欧米輸入転売では、仕入れ時に『いかに安く仕入れるか?』というのはもちろん大切ではありますが、それよりもスピードの方が重要になってくる場合もあります。    […]

     
     
しかし、海外セラーやメーカーとの直取引では、仕入れのスピードはそこまで重要ではなく、完全に”価格重視”でやっていった方が良いと思います。
      
   
今回は、海外セラーとの直接取引&海外メーカー取引で、仕入れのスピードよりも安さを重視すべき理由について解説していきます!
    
     

動画解説はこちら!

     

      

なぜ直取引だとスピードを意識する必要がないのか?

     

冒頭でもお伝えしましたが、欧米輸入転売(単純転売)では、安さよりも(仕入れから販売までの)スピードを意識した方が良かったりもします。

     

なぜかというと、価格変動が激しいからですね。

      

関連記事

  こんにちは、よっしーです。詳しいプロフィールはこちら 欧米輸入転売では、仕入れ時に『いかに安く仕入れるか?』というのはもちろん大切ではありますが、それよりもスピードの方が重要になってくる場合もあります。    […]

   

    

仕入れ先自体も価格が常に変動していますし、ライバルも参入しやすいので、どうしても価格競争になってしまいがちです。

   

  

一方で(特に海外メーカー取引は)価格競争が頻繁に起こりません。

   

なぜかというと、メーカー側が卸値を一定にしていたり、日本での販売価格を固定している、という特徴があるからです。    

    

つまり、メーカー側が『絶対に販売価格は○○○円にしてください!』『最低でも○○○円以上で売ってください!』と指示を出しているんですね(もちろん、そうではないメーカーも存在します)

      

メーカー側にも希望小売価格があったりするので、その価格よりも下げたりすると、取引してもらえなくなる可能性もありますので、みんな一定の価格で販売しているんですね。なので、単純転売と比較して値下げ合戦が起きにくいです。

      

   

さらに、もう1つの理由があります。

     

海外セラーとの直接取引や海外メーカー取引では、リピート発注が可能だということです。

     

転売だと、一度商品が売切れたら、改めて商品リサーチをしないといけません。これに対してセラーやメーカーと直取引をする場合は、一度取引が決まれば、その後はメール1通送るだけでリピート発注が可能になります。

      

好きな時に、好きなだけ仕入れることが可能になるんですね。

     

よって、仕入れのタイミングさえ間違えなければ、在庫を切らすことなく常にAmazonで売り続けることができるのです。

     

そうなると、仕入れから販売までのスピードを意識したところで、あまり意味がなくなります。

      

スピードを意識して、送料の高いプランで配送するくらいであれば、取引先にメールを送るタイミングを少し早くすればいいだけになりますので。

     

     

『安さ重視』とは、具体的にどういうこと?

           

では『スピードを意識しない』『安さを重視する』というのは具体的にどのような行動を取れば良いのかというと、

        

大きくは以下のようになります。

         

①国際配送のプランを、なるべく安いモノにする

②FBA納品代行会社は、料金面重視で選ぶ

    

    

国際配送のプランを、なるべく安いモノにする

国際配送のプランをいくつか選べるのであれば、なるべく安いプランにするのが良いかと思います。

    

とはいえ、プランを選べる取引先は、私の経験上ではあまり多くは無いので、そこまで意識する必要もないかな、という感じです。

        

       

また、スピードが遅すぎると、逆に『キャッシュフローが悪くなりすぎる』という問題もあるので、ここは資金との兼ね合いもあります。

     

少し極端かもですが、送金~商品が日本に到着するまでに1カ月以上かかるようであれば、資金があまり多くない方は少し早いプランにしてもいいかと思います。

    

     

FBA納品代行会社を、なるべく料金が安いところにする

FBA納品代行会社は、各社で料金面や対応スピードにかなり差があります。

    

そのため、料金面を中心にして選んでいくのが良いですね。

       

セラーと直接取引やメーカー取引に適している会社は『福富サポート』さん、『サポートBB』さんあたりかと思います。

    

    

福富サポートは料金面だけでなく、総合的にみていいですね。私も現在、福富サポートさんを利用しています。

     

サポートBBさんは、私は本格的に使ったことが無いのですが、料金面だけでいうとかなり安いですね。

     

しかし『対応が遅すぎる』『検品体制に難あり』と耳にしたことがあるので、その辺りに不安がある方は避けておいた方がいいと思います。

     

やっぱり福富サポートさんが一番無難な気がします。

   

     

逆に、メーカー取引などに適さない会社は『ランドクリエイト』さんです。私も利用したことがあるのですが、スピードはめちゃくちゃ速いのに対して料金は高めです。欧米輸入転売などの小売り仕入れをされている方には、超絶おススメの会社です。

    

関連記事

  こんにちは、よっしーです。詳しいプロフィールはこちら 輸入ビジネスに欠かせないものとなってくるのが、FBA納品代行業者ですね。   Amazon物販全体に言えることですが、もしFBA納品代行業者がいないと[…]

   

    

      

ということで以上が、『海外セラー&メーカーとの直取引において、仕入れ時の安さを重視すべき理由』でした。

      

この辺りは転売とは逆になってきますので、ビジネスの形態を変えるにあたって、FBA納品代行会社をチェンジしたり、国際配送のプランを変えたりして、臨機応変に対応していきましょう!

     

  

理想のライフスタイルを叶えるためには?