物販をこれから始める方へ!仕入れ先は、なぜ『欧米』が良いか?

 
こんにちは、よっしーです。
詳しいプロフィールはこちら

インターネットビジネス初心者の方に始めやすい『物販』ですが、仕入れ先は『国内』『中国』『欧米』『タイ』『韓国』など世界中に無数に存在する中でも、おススメは『欧米』になります!

 

では、なぜ欧米なのか?

ということについて解説をしていきたいと思います!

 

 

動画解説はこちら!

    

 

なぜ『欧米』なのか?

 

早速結論に入ります。

 

物販を始める時の仕入れ先は、なぜ『欧米』が良いかというと、

  

①取扱商品の質・量がGood

②他のビジネスに展開がしやすい

 

この2つが理由になります。

 

 

取扱商品の質・量がGood

まず、数ある仕入れ先の中でも、取扱できる商品のラインナップが比較的豊富にあるのが『欧米』『中国』になります。 

 

実際、『欧米輸入』『中国輸入』の2つはいろんなノウハウが世の中に出回っています。つまり、それだけチャンスが広がっている、ということですね。

  

 

しかし、中国は商品の『質』の面で劣り、偽物が多く出回っていたり、ブランド物以外でも商品の品質にムラがあったりして、トラブルに発展する可能性もしばしばあるかと思います。

 

しかし欧米輸入は、商品の『質』に関しても申し分はありません。ただ、地理的に距離があるため、輸送時の破損等は起こる場合がありますが、

  

中国輸入ほど、商品の品質に困ることは無いかと思いますし、特に販路をAmazonにされる場合は、お客様第一主義で商品の品質にも厳しいため、取り扱う商品の質もしっかりと意識しておく必要がありますね。

  

  

中国輸入とはいえ、自分のオリジナルブランドを作るOEMビジネスであれば全然アリだと思いますが、物販の新規参入者の方にOEMはかなりハードルが高いので、やはりまずは欧米をターゲットにされることをおススメします。

    

 

他のビジネスに展開がしやすい

もう1つの理由が、欧米輸入転売は、他のビジネスに展開がしやすい、ということもあります。

 

例えば、海外のAmazonやebayといったECサイトではなく、そのECサイトで商品を打っているセラーに直接コンタクトを取って『直接取引』に持ち込んだり、

 

あるいは、もっと上流にさかのぼって、海外のメーカーへ交渉を持ちかけていく『海外メーカー取引』もできたりします。

 

これらのビジネスは、物販の未経験者の方には少しハードルが高いですが、欧米輸入転売の経験がある方は、すんなり入っていけます。

 

 

また、少し毛色は変わりますが、

こんな形で、ブログやYouTubeで自らの知識や経験を発信する『情報発信ビジネス』にも参入できたりします(まぁこれはどこの仕入れ先でもできますが)。

 

欧米輸入転売を実践された方はいろんなビジネスの展開方法があるので、自分のやりたい形で展開していけるのも魅力です。

 

 

仕入れ先が『欧米』であることのデメリットは?

 

ここまでは、仕入れ先が欧米であることのメリットを書いてきましたが、逆にデメリットはどのようなところでしょうか?

 

個人的には、以下の点が挙げられるかと思います。

 

①配送期間が長い

②輸入なので、法律や関税の計算が少し複雑

 

この2つです。

  

配送期間が長い

アメリカやヨーロッパから日本へは、どうしても地理的に距離があるため、

  

国内のせどりや中国輸入と比べて、配送期間(仕入れて届くまでの期間)が少し長くなる傾向があります。

  

配送期間が長いということは、輸送中の破損リスクは少々上がるかと思います(もちろん、商品の種類や配送プランにもよります)

 

 

法律や関税の計算が少し複雑

輸入をする上では、いろんな法規制がかかってきたり、関税や消費税の計算が複雑になったりします。

 

しかし、これは実績のある人に聞いたりして進めていけば、そこまでデメリットではないようにも感じます。

 

 

欧米は物価が高いので儲からないのか!?

 

仕入れ先が欧米となると『欧米なんて物価も高いし、そんなに価格差ってないんじゃないの?』と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。 

 

しかし、安心してください。確かに日米間、または日欧間で価格差の無い商品、もしくは日本よりも欧米の方が高値で販売されている商品がたくさんあるのも事実ですが、

 

一方で、日本よりも欧米の方が安い商品がたくさんあるのも事実です。

 

ようは、『日本と欧米、どちらが安いかは、商品によって変わる』ということです。

 

 

以下に、『日本よりも、欧米の方が安い商品』として例を挙げておきます。

   

      

日本Amazon:18,800円

アメリカAmazon:99.99ドル(約11,000円)!

     

   

    

日本Amazon:2,980円

アメリカAmazon:13.99ドル(約1,500円)!

    

    

   

日本Amazon:3,741円

アメリカAmazon:19.95ドル(約2,200円)!

    

   

   

日本Amazon:17,496円

イギリスAmazon:78.48ポンド(約11,000円)!

    

   

以上のような感じで、日本よりも欧米の方が安い商品は無数にありますので『欧米は物価が高いから。。。』という心配は不要です。

    

何はともあれ、まずは実践してみましょう!

  

  

まとめ

ということで、『仕入れ先はなぜ欧米がいいか?』について解説をしてきました。

  

デメリットがないわけではありませんが、それをはるかに上回るメリットがありますし、総合的にみても欧米が一番いいように思いますので、

物販を始めたばかりの頃は『欧米輸入転売』に取り組まれることをおススメします!

   

関連記事

  こんにちは、よっしーです。詳しいプロフィールはこちら 今回は、「Amazon欧米輸入転売とは何か?」ということについて解説をしていきたいと思います。    欧米輸入転売をやりたい!という方にとって、全体の[…]

  

  

理想のライフスタイルを叶えるためには?