並行輸入品とは何か?正規輸入品との違いを分かりやすく解説!

 
こんにちは、よっしーです。
詳しいプロフィールはこちら

Amazonなど、オンライン上で買い物をする際に『並行輸入品』というワードに出会うことはないでしょうか?

   

また、これとは別に「正規輸入品」という言葉もあります。

 

中には「並行輸入品=偽物」と思われている方もいらっしゃるかもしれません。

   

しかし、それは違います。

そして、「並行輸入品」の意味を理解するのに、そんな難しいことはありません!

  

この記事では、

・「並行輸入品」「正規輸入品」とは何なのか?その違いとは?

・「並行輸入品」のメリット・デメリット

について、解説していきたいと思います!

 

 

動画解説はこちら!

   

 

「並行輸入品」「正規輸入品」とは?

「並行輸入品」の意味は、「正規輸入品」との違いから考えると分かりやすいです。

    

  

まず『正規輸入品』とは、海外メーカーの日本法人や契約企業などが、直接購入した製品を輸入販売している製品を指します。

   

これに対して『並行輸入品』は、海外メーカーとは無関係の会社または個人が、海外の正規販売店や量販店、ネットショップなどで流通している商品を購入し、それを輸入販売している製品を指します。

      

つまり、仕入れの経路が異なるだけです。違法とかではありません。

ちなみに、欧米輸入転売をされる方が取り扱うのは「並行輸入品」になります。

     

     

並行輸入品のメリット・デメリット

  

ここからは、並行輸入品のメリット・デメリットについて解説していきたいと思います。

 

並行輸入品のメリット

並行輸入品のメリットは2つあります。

    

①価格が安い

②日本未入荷のモノが買える

   

では順に説明していきます。

      

  

価格が安い

消費者側の目線に立つと、並行輸入品は正規輸入品と比べて価格の安いものが多いです。

  

正規輸入品だと、国内の代理店などがブランドの価値を守るため、価格は下がりにくいのですが、

  

一方、並行輸入品は、メーカーとは無関係の人が販売をしているので、ブランド力の維持などは気にする必要が無いんですね。そのため、価格勝負になることが多いです。

 

なので、正規輸入品に比べて並行輸入品の方が、価格が安くなっている場合があります。

  

消費者にとっては価格の安さはありがたいはずなので、こちらは並行輸入品のメリットになるかと思います。

 

 

日本未入荷のモノが買える

並行輸入品には、国内の正規代理店が取り扱っていない“日本未入荷”の商品があったりもします。

 

たとえば、日本のAmazonで『日本未発売品』と調べると並行輸入品がずらっと出てきます。

   

なぜ日本未発売品がたくさん販売されているかというと、たとえメーカーの日本法人や正規代理店だとしても、そのメーカーの商品を全て扱っていない場合もあるからです。

 

例えば、ディズニーの商品であれば、アメリカのディズニーストア限定で販売されている商品も結構あったりします。

    

そういった商品は「正規輸入品」として販売はできなくても、「並行輸入品」としてなら販売することができますよね。このようなメリットもあります。

 

 

並行輸入品のデメリット

次に、並行輸入品のデメリットをお伝えしていきたいと思います。

大きくは3つです。

  

①保証がない場合が多い

②説明書が外国語

③偽物の可能性

 

では順に説明していきます。

 

 

保証がない場合が多い

並行輸入品の場合、メーカーとは無関係の人が販売しているため、保証を受けられない場合がほとんどです。

 

中には独自の保証やアフターサービスを付けているような並行輸入業者もいたりはするのですが、それもかなり面倒な作業になるので、やはり無い場合がほとんどかと思います。

   

私も、独自の保証なんかは作ったことありません。めちゃくちゃ面倒なので。笑

  

正規輸入品では、日本法人などがアフターサービスを付けているため、お客様へ与える安心感でいうと並行輸入品の方が劣ることになります。

 

 

説明書が外国語

これも正規輸入品であれば、日本法人がパッケージや取扱説明書などを全て日本語に翻訳して販売している場合も結構ありますが、並行輸入品だとそういうわけにはいきませんよね。

 

一応、説明書くらいならクラウドワークスで外注化して翻訳してもらう、という手もありますが、ほとんどの並行輸入業者は手間を減らすために外国語のまま販売しているケースがほとんどです。

   

これも消費者にとってはデメリットになるでしょう。

   

   

偽物の可能性あり

これも大事ですね。

もちろん、100%偽物というわけではないのですが、中には悪い人がいるのも事実です。

 

特に、輸入ビジネスをやる際、中国セラーには気をつけましょう。中国で流通しているブランド品は、ほとんど偽物だと耳にしたこともあります。

 

メーカーから直接仕入れたり、ノーブランド品を扱う場合は中国仕入れも大丈夫と思いますが、ブランド品を並行輸入品として仕入れる際は十分に気を付けていくようにしましょう(というか中国からブランド品は仕入れない方がいいです)

   

また、万が一仕入れてしまった場合でも、販売してはいけません。犯罪になります。

  

関連記事

  こんにちは、よっしーです。詳しいプロフィールはこちら 輸入ビジネスをやっていると、必ずと言っていいほど法律が関わってきます。   「法律とか難しそう…」「ちゃんと覚えられるか不安…」 「間違えて法に[…]

 

  

最後に

   

ということで、「並行輸入品」と「正規輸入品」の違いについて説明してきました。

どちらにもメリット、デメリットはあるかと思いますが、それらを吟味したうえで商品を購入していただければと思います。

   

また「並行輸入品」を販売する側の立場として、私はサラリーマンの給料を超えて脱サラすることもできましたので、もし興味のある方は、Amazon欧米輸入転売ビジネスに挑戦してみてください!

 

関連記事

  こんにちは、よっしーです。詳しいプロフィールはこちら 今回は、「Amazon欧米輸入転売とは何か?」ということについて解説をしていきたいと思います。    欧米輸入転売をやりたい!という方にとって、全体の[…]

   

  

欧米輸入ビジネスで会社の給料を超え、脱サラする方法に関しては、僕の運営する無料オンラインコミュニティ『アンビシャス』にて無料で公開していますので、興味のある方はぜひご参加ください!

  

今なら欧米輸入の大ボリュームマニュアル『ブレイクスルー』も無料でプレゼントしていますので、お気軽にご参加いただけたらと思います!^^

   

  

理想のライフスタイルを叶えるためには?