真贋調査とは?しっかり対策をして健全なビジネスをしよう!

 
こんにちは、よっしーです。
詳しいプロフィールはこちら

『真贋調査』というものをご存知でしょうか?(ちなみに“真贋”は“しんがん“と読みます)

  

Amazonを販売先とした物販をされる方において、必ず付きまとってくる問題で、最悪の場合、Amazonアカウントの停止や閉鎖に追い込まれてしまうので、しっかりと学んで対策をする必要があります。

   

   

今回は、そんな真贋調査について解説をしていきたいと思います!

 

 

動画解説はこちら!

   

   

真贋調査とは?

 

まず真贋調査とは何か?をざっくりと説明すると、

 

Amazon内で出品している出品者に対して『あなたの販売している商品は本物ですか?』ということを確認するための調査で、Amazonが独自に行っているものです。

 

なぜこのような調査が行われるようになったかというと、

数年前から悪質なセラーが増え出して、それこそ偽物が多く出回ったりするようになったため、Amazon側もお客様を守るために、厳しく取り締まる様になったんですね。

 

そんな真贋調査ですが、最悪の場合Amazonアカウントの停止や閉鎖に追い込まれてしまいます。

アカウント停止や閉鎖は、本当にビジネスの存続に関わってくる問題ですので、しっかりと対策をする必要があります。

  

  

真贋調査の種類

 

真贋調査には大きく分けて3つの種類があります。

  

①メーカーの取り締まり

 メーカーから『うちの商品を勝手に出品しないでください』といった感じでAmazonに通報が入り、そこから出品者に対して真贋調査が入るパターンです。

 

これは、大手のメーカー商品を扱っている場合に多いですね。

    

  

メーカーの中には、ブランドイメージや商品価値を守るため、ある一定の業者にしか販売許可を出していないケースがあります。

そんな中で、何の契約も結んでいない人が勝手にAmazon内で出品していると、メーカー側が『この人に販売許可出してないよな?』となって、Amazonに通報(or自分自身に直接警告)することがあります。

    

そして真贋調査になるパターンです。

 

  

②購入者や同業者からの通報

商品を買ったお客さんから『偽物が届いた』『新品を買ったのに中古品が届いた』などという形でAmazonに通報が入り、調査が始まるパターンです。

   

これは、普通にお客様からクレームが入るパターンもありますが、中には悪いことを考える人もいて、同業者(ライバルセラー)から『こいつ邪魔だな、、』と思われて嫌がらせでクレームを入れられるパターンもあります。

 

 

③ランダムピックアップ

これは特に悪いことをしていなくても、Amazonアカウント開設1年未満の方を中心に起こります。

 

Amazonがランダムで3商品を指定してきて、それらの商品の請求書の提出を求めてきます。

   

  

真贋調査の流れ

 

真贋調査の流れをカンタンに説明していきたいと思います。

 

まず、以下のようなメールが届きます。

   

 

これは実際に私のもとに届いたメールです。

『要ご対応:出品キャンセルのご連絡』というタイトルでメールが来ます。

 

このメールが来た日は恐怖心から、食事が喉を通りません(笑)

今までに何度か真贋調査になり、その回数だけこのメールを貰っているですが、何回経験しても慣れないです。

 

 

まずこのようなメールが届いて、次に何をすればいいかは、そのメールに指示が書かれています。

 

真贋調査の内容によって多少差はあるのですが、

 

大抵は

●仕入れ時の請求書

●改善計画書

 

の2点の提出を求められます。

 

  

仕入れ時の請求書は『その商品の仕入れ先はどこか?』を確認するために提出を求めてきます。

(これを提出して、正規ルートから仕入れている、ということが分かれば良いのですが、欧米輸入転売の場合は、小売り(ショッピングサイト)から仕入れるのが基本になり、ショッピングサイトには私たちのような一個人もたくさん出品しているので、なかなか正規ルートを証明するのは難しい、というのが現状です。。)

   

  

また『改善計画書』とは、謝罪文のようなものです。

真贋調査が起こった原因は何か?再発防止のために何をすればよいか?を丁寧に書いておけば大丈夫です。

  

   

結構ウソの情報が出回っている

 

物販をされている方のいろんなブログを見ていると、結構ウソの情報が出回っている、という印象を受けます。

  

どういった情報かというと『仕入れ時の請求書を提出できなかったら、すぐにAmazonアカウント停止(or閉鎖)』といった感じの文言ですね。

 

  

はっきり言って、大ウソです。笑

確かに、3種類の真贋調査がある中で③ランダムピックアップ型の真贋調査では、1回でも提出できなければ、アカウントの命にかかわるようなことが起こってしまいます。

  

しかし、①メーカーからの通報と、②購入者の通報や同業者からの嫌がらせの場合は、該当商品の商品情報(SKU)を削除して、Amazon側に『この商品はもう2度と出品しません』と告げると、それだけで解決します。

 

  

つまり、該当商品は出品できなくなりますが、アカウントの命は現段階では問題ない、ということですね。

(とはいえ、このようなケースが何回も積み重なると、Amazonアカウントの停止や閉鎖が起こる可能性はあります)。

  

結構ウソの情報が出回っているなー、という印象を受けたので、一応ここで解説をさせていただきました。

   

もちろん、仕入れ時の請求書が正規ルートを通っていると、自信をもって証明できるものであれば、堂々と請求書を提出したらいいと思いますが、少しでも不安な方は、上記の対応をした方がいいと思います。

  

アカウントの命に比べたら、1種類の商品が出品できなくなったくらい、どうってことないでしょう。

   

その商品分の在庫は抱えてしまいますが、商品が本物だと自信があるのであれば、ヤフオクやメルカリなどの他販路で捌けばいいだけです。

  

   

真贋調査の対策

  

真贋調査は、仕入れの段階である程度対策をとることができます。ここでは、真贋調査の主な対策について3つ、紹介したいと思います。

  

  

①セラースケットの導入

セラースケットとは、真贋調査の対策ができる、めちゃくちゃ優秀なツールです。

   

セラースケットはAmazon欧米輸入転売をされる方でアカウント開設1年未満の方は必須かと思いますので、ぜひ導入されることをおススメします。

   

というか1年未満の方は、このツール無しに欧米輸入転売はできないと思いますので、必ず導入しましょう!

 

もちろん、アカウント開設1年以上でも導入しておくと安心ですね。私も1年以上経っていますが、現在も導入しています。

  

関連記事

  こんにちは、よっしーです。詳しいプロフィールはこちら 今回は、セラースケットについて解説をしていきます!   Amazonの真贋調査対策ツールとして有名なセラースケットですが、実はそれ以外にも、いろいろと[…]

  

  

②なるべく海外Amazon本体から仕入れる

 まず、海外Amazon本体とは?について解説します。

 

 

これはアメリカAmazonの商品ページで、上記の商品を例に説明しようと思うのですが、見るべきポイントは以下になります。

 

  

赤枠の部分が、その商品の販売者を表します。ここがAmazonとなっている場合は『Amazon本体が販売者』ということになります。こういったところから仕入れると良いです。

 

Amazon本体から仕入れた商品の場合は、めちゃくちゃ簡単に真贋調査に通ります。

   

なぜかというと、真贋調査を行うのはAmazonなので『同じAmazonが出品している商品が、偽物なわけないよね』となるからですね。

   

私も以前に、海外Amazon本体から仕入れた商品で真贋調査が来たことがありましたが、仕入れ時の請求書を提出したところ、約5分後くらいに出品再開のメールが届きました。笑

    

かなりあっさりと通るので、可能であれば海外Amazonの本体から仕入れることをおススメします。

 

 

③なるべく早めにメーカー取引などに移行する

メーカー仕入れになると、その商品の製造元から直接商品を購入しているので、当然偽物ではないですよね。そのため、メーカーからの請求書を提出したら、カンタンに真贋調査はクリアできます。これを理由に、メーカー取引を始められる方も多いですね。

    

(もちろん、それ以外にもメーカー取引のメリットはたくさんあります)

   

私も現在はメーカー取引を進めているところです。

    

関連記事

  こんにちは、よっしーです。詳しいプロフィールはこちら 『海外メーカー取引』というビジネスをご存知でしょうか?     最上流のメーカーから仕入れることで、いろんなメリットがありますし、現にメーカー取引を実[…]

  

  

とはいえ、まだ物販未経験の方がいきなりメーカー取引を始めるのは難易度が高いので、まずは欧米輸入転売を実践して、月収10~20万円程度稼げるようになったらメーカー取引に移行する、という形が理想かと思います。

   

   

また、少し毛色は異なりますが、中国輸入OEMビジネスも真贋調査には強いですね。

     

これは『自分がメーカー(製造元)となって、オリジナル商品を生産&販売する』というビジネスなので、偽物なわけがないですね。

  

(とはいえ、私はOEM未経験なので、あまり偉そうに語ることはできないのですが。笑)

    

   

一応、真贋調査のリスクを排除する、という面ではOEMビジネスも良いのではないか?ということだけお伝えしておきます。

  

  

以上3点、しっかりと意識して実践していきましょう!!

  

  

真贋調査は怖い。しかし、、、 

ということで『真贋調査』について解説をしてきました。

 

Amazon物販をされる方にとって、真贋調査問題は避けては通れないものですね。

 

しかしそれを差し引いても、FBA制度やAmazonの集客力・販売力を考えると、メインの販路をAmazon以外にすることは考えられない、と個人的には思います。

 

それだけAmazonで商品を売ることのメリットは大きいので、しっかりと真贋調査対策をしつつも、どんどん事業展開していきましょう!!

 

 

理想のライフスタイルを叶えるためには?